Webデザイン

【注目】Web担当者として働くということ

Pocket

Web担当者ってなんだろう?

どうもマツオカです。

僕は現在、大阪市内の会社で「Web担当者」として派遣で働いています。
かっこよく言えば「インハウスデザイナー」ってやつです(笑)

最近知り合った方から「Web担当者ってWebデザイナーと何が違うの?」と聞かれたので、今回は「Web担当者ってこんな仕事をするよ」ってのを紹介していきます!

そもそもWeb担当者ってなに??

Web担当者は一言でまとめると、既存の自社サイト更新・運用が主な仕事です。
たとえば、会社で新製品がでたらその情報を自社サイトに掲載して情報発信を行うのがWeb担当者の仕事です。あとは既存サイトのレスポンシブ化が多いですね。

また、自社のサイトにどれだけアクセスがあったかを計測して改善していくのもWeb担当者の仕事です。

WebデザイナーとWeb担当者の違い

制作会社のWebデザイナーは第三者のWebサイトを作るのが主なお仕事であり、Web担当者は上記でも話した「既存の自社サイト更新・運用」がお仕事になります。

ただし、Webデザイナーはクライアントによっては直案件もあれば、代理店として中間に入るためコミュニケーションの幅が広いというメリットがありますが、Web担当者は社内からの指示しか来ないことが多いので、コミュニケーションとしては少し物足りなさを感じてしまいます。

Web担当者のメリット

社内のサービス向上のために、いろいろな仕事ができる!

Webサイトの更新・運用以外にも、いろいろな仕事を体験することができます!

たとえば僕がやっているのが「Web版社内報の作成」です。
これは同じ部署の方が取材に行き、その方がまとめた原稿をWebサイトに落とし込む作業を行います。

これを作成している時、社内で最近何があったのかを知ることもできますし、社内報を自分が作っている(ドヤッ!)な達成感も味わうことができます(笑)

Webサイトをずっと育てていくことができる!

新規でWebサイトを作ることはデザイナーに比べたら少ないですが、いざ作ったあとにアクセス解析やSEO対策を自分で行い、かつそれを改善してアクセスや売上の向上につなげれるおもしろさは、Web担当者の楽しみでもあります!

なかなか制作会社だとアクセス解析等はディレクターの仕事になるのが多いので、デザイナーでは体験できないような仕事がWeb担当者ではできます。

案件の規模がデカイ!

制作会社でも大きな案件はありますが、Web担当者は会社が大きければ大きいほど、全体に100ページ以上はある「モンスターサイト」を運営していくことができます!

あとは事業の種類がいろいろある会社(僕の会社だとショッピングモールや温泉複合施設など)は、さまざまなジャンルのサイトを制作・更新していけるのが大きいですね(-v-)v

Web担当者のデメリット

Webの知識を共有できる人が少ない

Web担当者というのは制作会社と違い、社内でもWebができる人数としては圧倒的に少ないです。他の部署から見れば「Webサイトが作れて、PCに詳しい人」と思われることが多いです。

そのためWebの専門用語(HTMLとか)の話ができる人が少ないため、いざ新しい用語や知識が出ても吸収しにくい環境にいるので、技術としては制作会社に劣ることがあります。

僕はここを補うために、クリエイター同士の交流会やセミナーに積極的に参加し、アウトプットできるようにしています。

制作時間の振り幅が大きい

案件によっては「これ明日までにお願いね」みたいな単発ものや、「期限は決まってないけど、とにかくなる早で」とう無茶ぶりをされることもあります。

そのため案件が溜まってきた時に、優先順位を決めるのがむずかしいという点があります。

同じ会社で働いているので、こういったことも言いやすいという環境ならではかもしれませんね(笑)

ディレクターがOKを出しても、上の人がNG

僕からしたら「社内ディレクター」は直属の上司になります。
ディレクターから「うん、俺が思ってるとおりになったね。これで次の会議に出してみようか。」となり、いざ会議が始まるとディレクターより上の役職の人からダメ出しがでてやり直しになるので、案件によってはなかなか完了するのが難しいものもあります。

また、先ほど話した「Webができる人が少ない」ということもあり、ディレクターより上の人はもちろんデザインとかも知らないので、「こういったコンセプトのもとにこのデザインにしました」と1〜10説明しても理解してもらえないことがあるので、ここでつまづくことも結構あります。

古いIE対応

制作会社と圧倒的に違うところは、社内イントラネットやシステムの影響で、古いIEにいつまでも対応させなければならないという所が一番キツイです(´・ω・`)

ちなみに僕の会社はいまだにIE8です……

これについては前回の記事を読んでもらうとわかりやすいです!

IEアイコン
【2018年版】Internet Explorerのシェア率を日本と世界で比べてみた上司「このサイトのコーディングを頼むな。もちろんInternet Explorer8に対応させといてね(^v^)」 僕「(゜∀。)ワヒ...

結論としてWeb担当者ってどう?

やべ、今見返したらデメリットのほうが多いじゃん(笑)

制作会社とは違って、新規でWebサイトを作成したりすることはすくないですが、一括でWebサイトを更新・運用していけるところでは制作会社とは違ったおもしろさがあるのではないかなと僕は思います。

ただ制作会社の人たちよりデザインのトレンドや知識としては遅れを取ってしまうので、そこをどうカバーできるかによって「インハウスデザイナー」として活躍できるかってところですね。

あとは他のWeb担当者や他部署の人にどれだけアウトプットできるかも重要になってくる仕事です。

やることは多いけど、いろいろなことを学びたいという人はWeb担当者で働くのもおもしろいですよ!

よかったら「いいね」とシェアの方よろしくおねがいします(^o^)/

ABOUT ME
マツオカ トシタカ
3年間土木業をして、ミッドナイトブラック企業、生協の配送員を経た後、派遣でインハウスWebデザイナーになりました。 現在は派遣で働きながら、半フリーで『戦車に乗れるWebデザイナー』としてWeb制作と動画制作をしています。 未経験からWebデザイナーになりたい方の相談受け付けていますので、お気軽にメッセージください・ω・